残土処理も流量計も専門業者で調達|製造ライン整え術

メンズ

発生する渦を測る

作業員の男性

家電製品やその製造過程に使われる流量計なので、きちんと製造ラインが動くためにはメンテナンスもしっかりしなければなりません。カルマン渦を計測するといった特徴についても理解が必要です。

詳細を確認する

処理速度が速い重機

工事

フルイ機は土を積載されればその粒子の細かさによって山砂を分けるためのものです。KOMATSUのガラパゴスはそんな重機の中でも抜群の処理速度を誇るので、トンネルの切羽でも使用できます。

詳細を確認する

空気を清浄に保つ

空調掃除

オフィス内部の清潔感を保ちたいならまず空調管理からしっかりすべきです。来客が多いお店ならなおさら業務用エアコンの掃除は業者に頼んで、エアコン内部まで綺麗にしてもらいましょう。

詳細を確認する

しっかり考えたい処理

工事

建設業において残土処理は頭が痛くなるものです。そのままにしていては工事がすすみませんし、掘削とダンプ業者に任せて残土処理プラントに運搬してもらうのも一苦労です。しかも、残土処理にかかる費用は現場の状況によってまちまちなので、行なう業者も依頼主に説明するのが大変であるという状況があります。少しでも残土処理の問題をカバーするためには、重機を効率よく使うことが必要です。しかも放置していてはいつまでも土が残ったままで、泥が発生し周辺地域にも迷惑になってしまう恐れがあるのです。しっかりこの残土処理について考えて工程を考えるべきだといえます。残土処理をしっかり行なえば、その土を埋め戻しに使うことができますし、より強度の高い土壌を作るのにも役立ちます。

残土処理に必要となる機材としては、フルイ機、ベルトコンベアー、バックホーです。バックホーはスムーズに土壌を掘削するためには必要不可欠で、頻繁に使う企業であれば自社で所有していても良いでしょう。しかし、あまり頻繁に使わない、使いたくても重機を保管しておける倉庫がないという企業ならレンタルを利用するのも大切です。レンタル業者では重機のメンテナンスも行なっているので、いつでも駆動力がある機材を借りて使うことができます。大規模なプラントを作らなければならなくなった場合には組み立てまで関わってくれるのです。このように、工場や建設現場では残土処理のためのバックホーやフルイ機などがあり、しかもそれだけではなく流量計のような精密機器も存在しています。それらを活用することで工場はスムーズに動くでしょう。